車検の場所それぞれのメリットデメリット

自動車を所有している場合には、2年に1回のサイクル(新車登録初回の場合は3年)で必ず定期的に車検を受けて、決められた保安基準に達しているかのチェックが完了した上でなければ公道を走行することができません。安全性の確保という観点でも大切なことですが、実施している業者によって作業工賃の価格は大きく異なるので、業者選びは慎重に行うことがおすすめです。もちろん、どの業者でも基準を通過できるレベルの整備が行われますが、整備費用や入庫中の代車貸し出し費用、部品交換の基準など業者によって細かな違いもあります。ディーラー系に入庫するか、専門業者に任せるのか、それぞれのメリットデメリットを確認しておきましょう。なお、重量税や自賠責保険など法定費用においては業者による納入額の差はありません。

安心感は抜群だが価格は高めのディーラー系

新車販売を行っているディーラーでは、購入した人に車検のお知らせを行っています。購入した店だからという理由でそのままディーラーで受けるというケースが多く、特に価格にも疑問を持たずに支払っているという人が少なくありません。ディーラーにおける最重要項目は、顧客に対する安心感と満足感の提供ですので、とても丁寧に点検を行い、安全マージンを多くとる傾向にあります。そのために、仕上がりに関してほぼ完全に問題のないレベルとなっています。その代わりに、今回の車検では交換する必要がない部品に関しても、安全確保の観点から交換を行ったり、別途点検オプションを勧められたりと、総支払額に関しては専門業者と比較すると高めである傾向があります。とにかくリーズナブルに済ませたいという方よりも、信頼感やサービス面を重視する人にお勧めと言えます。

費用を安く抑えるためには専門業者の利用がお勧め

ディーラーと比較すると、車検専門業者は費用を安く抑えられることが多く見られます。法定費用についてはどの場所で実施しても同額であるため、差が付く部分は整備費用や部品交換費用などとなります。一般的にディーラーよりも専門業者の方が整備点検費用は安い場合が多く、部品交換もその時点で保安基準を十分に満たしている場合には、どのように対処するかを相談しながら進めることができます。ディーラーでは過剰な整備を行う場合がありそれが費用のアップにつながっていきますが、専門業者の場合には安全性の確保で必要十分な整備を行うというスタンスで、費用を抑えることを可能としています。また、早期予約割引などのサービスの実施も行っている場合があり、さらに費用を安くすることも可能です。もちろん基準をきちんと満たした状態で引き渡されますので、その後も安心して乗ることができます。