まずは車検の場所を決めましょう

自分の大切な愛車を車検で預けられる場所が増えていても、これまでと同じ場所でずっと変わらずに依頼を続けていたという方も多いのではないでしょうか。金額も高いけれど、こういうものなのだろうと何となく思い込んでいる方も少なくありません。これまでのようなディーラーと民間の整備工場だけではなく、給油でお世話になっているようなガソリンスタンドや自動車のグッズを販売しているカー用品店、そして安価な値段設定で展開しているフランチャイズの専門店などたくさんあります。どこで行うかでも作業内容や費用がかなり違ってきますので、見積もりを取ったりするなど問い合わせをしてみましょう。高いと10万円を超えるような場合もありますので、場所を選ぶことで費用の削減にもつなげる事ができます。

自分の目的に合ったお店選びをしよう

車検は高いというのが定着しているため、2年に1回とは言えとても気が重くどうしようかと悩まされていることでしょう。目的に合うお店を選ぶ事で値段も作業も満足できるようになります。値段重視か、それとも安心感を求めているのかをまず考えてみて下さい。とにかく安く仕上げたいというのであれば、専門店やカー用品店、ガソリンスタンドなどがいいでしょう。多少高くてもしっかりと自分の自動車の状態を確認して欲しいと思うのであれば、ディーラーや整備工場に依頼する事で、よりきっちりと整備をしてもらう事が出来るので高めにはなりますが、やってもらう安心感は抜群です。付き合いでこれまで整備を依頼してきて高かったと思っている方であればなおさら、一度見積もりなども取りながら、どのように整備して欲しいのかお店を見直してみると良いでしょう。

費用の内訳もきちんと確認しておきたい

見積もりを取りながらどのお店にしようかと考えている時に、一式というような表記をしている事もたまにあります。車検にかかる費用は主にどこで受けても変わらない法定費用と整備や検査代などの基本料で構成されています。基本料の部分が利用するお店で違ってくるため、金額に疑問があるときはどのような内訳になっているのかは確認しておくようにしましょう。他にも、整備をしていく時に交換しなくてはいけないようなオイルなどの消耗品があるなら、そちらも別途事前に話をしてもらうようにすれば、いきなり価格が上がっていて驚いたというようなことも少なくなります。良い作業をしてもらいつつ、少しでも費用を抑えようと思うのであれば、どんな作業をしてもらうのか自分でも内容をチェックする事が大切です。