おすすめの車検の場所とはどこなのか

これから車検に愛車を出す方には、購入したディーラーに入庫するか、格安をアピールポイントとしている業者に入庫するかでお悩みではないでしょうか。車に詳しい方であればユーザー車検という方法もありますが、一般的には整備工場のあるディーラーもしくは専門業者に依頼することが一般的です。どちらに出す場合においても、きちんと整備を終えて保安基準を通過し、認証を受けられれば、継続して安心して乗り続けることが可能です。費用をなるべく抑えたい方と、確実で安心できる整備点検を受けたい方とでは、おすすめできる場所が異なりますので、それぞれのメリットを確認して置くことが重要です。大切な愛車に関することですので、しっかりと情報を収集して納得のいく価格で依頼したいものです。

購入したディーラーに入庫するメリットとデメリット

新車で購入した場合には、案内が直接届くこともありディーラーでそのまま車検を受けるという人が多いのも実情です。もちろん、新車販売からそのサポートまでを一貫して行うという高品質なサービスが受けられるという大きなメリットがありますので、ディーラーに出せば安心であるという考えをお持ちの方も多いでしょう。万が一の不具合や故障などを防ぐためにディーラーでは徹底した安全マージンを取って整備点検を行いますので、工賃に関してはやや高額になる傾向があります。部品交換に関しても、早期の交換が勧められる場合が多く見られます。正規ディーラーの場合は交換部品の手配も素早く行えるために、故障が見つかった場合にも比較的短期間で完了できるというメリットもあります。金額よりも安心感や確実性を求める方におすすめの場所と言えるでしょう。

リーズナブルさを追求するのなら車検専門業者に

ディーラー系が高品質な整備点検を行うために比較的高額であるのに対し、格安の専門業者においては、必要十分な整備品質と納得のいく低価格という特徴があります。特に国産車に関しては、耐久性も十分にあり故障率も低いため、格安の専門業者で整備点検を受けても問題はありません。ディーラーでは過剰とも思える品質を追求するケースがありますが、格安の業者においては、できるだけユーザー目線に立って費用を抑えることを追求するという違いがあります。したがって、価格の観点を重視する方にとっては専門業者へ依頼することが得策であると判断できます。複数の業者から見積もりを出してもらって、比較することも重要です。一括見積などを上手に活用して費用を安く抑えることも可能となっています。